お座敷列車: 別れ、そして南下・・・

夕食後、バスで移動し、市街地にある「稚内副港市場」に寄りました。 ここで、お土産購入と温泉の時間をとって、いよいよ稚内駅へ。最北端への旅もフィナーレです。 稚内駅に着き、駅長さんと再会し、待合室でお座敷列車の入線を待ちました。そして入線後、いよいよ帰りのお座敷列車に乗り込みます。 稚内のスタッフとはここでお別れです。 乗り込む直前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お座敷列車: 最北の地最終日 その3

稚内は晴れていますが涼しいです。 子ども達は昨日それぞれの場所に戻ったというのに、ブログが完了していません。その後もバタバタしていまして、合間を見てのアップです。スミマセン。 +++++ まだ最終日です。 手作り体験の後は、牛乳の生産現場・牧場を見学です。 豊富町の小川牧場さんにお邪魔して、牛舎をみせてもっらったり、子牛にミル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お座敷列車:最北の地最終日 その2

最終日の続き・・・ 工場見学の次は、子ども達がとても楽しみにしていた牛乳を使った手作り体験です。行き先は「工房レティエ」さん。 その途中で「宮の丘展望台」に立ち寄り、大規模な牧草地が彼方まで広がる風景を眺めました。 レティエさんは、自ら生産した牛乳を使って自家製のアイスクリームやチーズを食べさせてくれる小さなお店。そこで、その牛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お座敷列車:最北の地最終日 その1

昨晩、稚内駅でお座敷列車を見送りました。 心にジンと来る別れでした…。 さて、まだ報告が残ってますので、もうしばらく私からのブログを続けます。 +++++ 最終日は「最北の暮らしを知る」がテーマでした。 稚内を含め、最北の町村は酪農が盛んな地域。お隣・豊富町は酪農が主産業のなので、1日酪農について体験しました。 まず、宿か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お座敷列車:最北自然遊び カヌー&鍾乳洞

4日目の今朝は薄曇り。涼しい朝です。 昨日の報告が途中でした。 +++++ 砂金掘り体験の後は、中頓別町でリバーカヌー体験。頓別川を下りました。 前半組と後半組に別れての体験です。 カヌー後半組は、まず鍾乳洞探検に。そして、それを交代して両方を体験します。 前半組は青空の下、気持ち良くカヌーと鍾乳洞を体験しましたが、交代する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お座敷列車:最北自然遊び

豊富町から1時間半ほど移動し、浜頓別町・ウソタンナイ砂金採掘公園で砂金掘り体験。 川の中に入り、慣れない道具を使って砂金を見つけました。 幸運にも砂金をゲットできた子、ゲットできずに悔し涙を流した子、途中で飽きてしまった子、それぞれの体験になったようです。 そして、午後はリバーカヌー体験のため、お隣の中頓別町に向かいます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お座敷列車:3日目も晴れ

3日目、今日も予報が外れて快晴。暑くなりそうな…と言っても30℃には届きませんが…朝です。 昨晩は、晩ご飯後にみんな猛烈に興奮して騒いでいて、ちゃんと眠れるのか心配でしたが、消灯するとほとんどがすんなり布団に入り、眠りにつきました。 朝までグッスリ。安心しました。 今回の宿ですが、稚内市の南隣・豊富町にある「豊富町セミナーハウス」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お座敷列車:稚内で遊ぶ

到着後、早速朝ご飯。 街の食堂に稚内らしいメニューをお願いしていたところ、シーフードカレーとカニ汁…。 そして、午前は稚内絶景トレッキングに向かいました。 予報に反して晴れた今日、絶景を眺めるのに絶好の日です。 お弁当をリュックに詰めて、高台になった丘の道を約8キロ歩きました。 丘の片側は日本海、もう片側は稚内港、日本海には利尻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お座敷列車:稚内到着

7時過ぎ、ようやく稚内に到着。昨日の9時から続いた長い移動はがやっと終わりました。 稚内は予報が外れて快晴。ほっとしました。 午前は「稚内絶景トレッキング」。晴れたので、日本海や稚内の街、緑が続く風景など、気持ちの良い風景が見られると思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お座敷列車:札幌出発

長いバス移動で札幌に着き、お座敷列車出発まで北海道大学で過ごしました。 こわばった体を芝生広場で遊んでほぐしたり、博物館を見学したり。最後は学食で晩ご飯を食べ、北大生気分を味わいました。 そして札幌駅へ。いよいよお座敷列車に乗り込んで出発です! 今は、じわじわ北上中。男子と女子は別々の車両ですが、今は一部混じってトランプなどをし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お座敷列車:大沼で遊ぶ その2

昨日、サイクリングの休憩の後は、みんな思い思いに過ごしました。 図書コーナーで本を読む、オセロなどのゲームを楽しむ、皮の端材でアクセサリーを作る、手作りブランコで遊ぶなど…。 しばらくすると、自然学校のスタッフ・せっけんがハンモックとロープを持ち出し、子ども達を森に連れ出しました。森の遊び場を作ろう!との誘い。 はじめは、森の中に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お座敷列車:大沼で遊ぶ その1

よく晴れて、気温上昇。27、8℃にはなったでしょうか。 子ども達は快適そうに元気いっぱい。スタッフは暑くてグッタリ気味。両者の体感気温の違いを感じました。 今日は大沼で遊ぶ日。 朝食後にみんなで相談して、今日の遊びを決めました。 まず決まったのは、大沼一周サイクリング。15、6キロを軽く走って、次の遊びに移る予定でした。 しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お座敷列車:2日目朝

快晴の朝、少しひんやりした空気。駒ヶ岳がよく見えます。 昨日は、みんな客車に寝ました。 ここ「大沼ふるさとの森自然学校」はJR北海道関連施設・流山温泉の敷地内にあるので、内部を絨毯敷きに改装した客車が3台あり、休憩所や食事などに利用してます。 お座敷列車の旅の練習ですね!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お座敷列車:スタート

昨日、夜行バスに乗り、今朝は札幌から朝一の特急で、七飯町・大沼のほとりにある「大沼ふるさとの森自然学校」にやって来ました。遠かった…。 そして、夕方から「お座敷列車の旅」という子ども達との旅が始まりました。 参加者は、福島の子ども達23名と横浜の子ども達13名。 福島の子ども達は、夏休みの間、被災地を離れて、ここで実施されている「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャンプが続いてます・・・

十勝の馬旅キャンプから稚内に戻りましたが、夏のキャンプシーズン真っ只中・・・ その後、1泊や2泊、日帰り活動、その後の6泊7日の手配・調整、その他の下見・打ち合わせなど、慌ただしく過ごしてます ですので、このブログや「ゆうち自然学校プロジェクト」のブログ更新がすっかり滞ってまして・・・スミマセン。 馬旅キャンプみたいに携帯電話から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬旅:最終日

牧場最終日です。 今日も良く晴れ、暑いです。 まず、一緒に旅した馬さん達とお別れです。 馬小屋から放牧地へ連れて行きました。 その後、激しく散らかった荷物を無理やりまとめ、牧場を掃除。 最後に、6泊7日をふりかえる、まとめの活動をしました。 晴天の下、のんびり、ゆっくり、和やかに過ごしました。 そして、お昼ご飯を食べて駅へ出発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬旅:馬旅復路ゴール

お昼過ぎに全員無事に帰りました。みんな満足した顔でした。 強い日差し、高い気温の中、よく頑張ったと思います。相当疲れたはずです。 それでも、到着後は自分のことではなく、道中ずっとチームメンバーを乗せて歩いてくれたパートナーである馬の世話をしました。 馬装を解き、水をたっぷり飲ませ、ブラッシングをし、簡単な健康診断までしました。最後に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬旅:馬旅復路出発

先ほど、復路を出発しました。みんな元気です。 太陽はますます強く、気温25℃を超えようとしています。 帰りは、どんな旅になるでしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬旅:馬旅往路ゴール

キャンプ地は爽やかな朝です。 軽く靄がかかってますが、その向こうに青空が見えています。今日は晴れて暑くなるかもしれません。 昨日はやり遂げました。馬旅は、森の中の道を登ったり下ったり、草原を抜け、最後は小高い丘にゴール。4~5kmの道のり。 次郎さんの話だと、予想以上に順調だったとのこと。何人かが馬に足を踏まれて泣いたらしいですが……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬旅:馬旅準備

今朝も曇り空ですが、初めてシットリしていない朝です。 ただ気温は一番低く、15℃…寒いです。 さて、昨日までは和やかな雰囲気でしたが、今日は慌ただしく流れています。 そう!今日はいよいよ馬旅キャンプに出発する日。いつもの作業に加え、出発準備もしなければなりません。 みんなテキパキと動いています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more