昨日と今日は家でスコップワーク

冬真っ只中、寒い日が続いてる稚内icon04
本当に寒い!face12

12月にとにかくモリモリ降った雪も年明けから落ち着き、降雪量は平年並みになったとのこと。しかし、低温が続いているせいで積もった雪の嵩が減らず、積雪量は例年の1.5倍くらいになっていると聞いた。

どうりで・・・我が家はどこもかしこも雪が溜まっている。特にいろいろな屋根の上は、寒さが緩まないので落雪せずに溜まりっぱなし。

今最も気になっているのは、夏に鶏を入れている庭の一角にある小さな鶏小屋。見た目では限界を超えているように見える。いつつぶれても不思議ではない状況。

写真はその鶏小屋。これでも2回雪下ろしをしてるのだ。片屋根の高い方は地上から約2m、低い方でも約1.3mはあるのだが、既に低い方は雪面の下にある。

で、昨日天気が良かったので3回目の雪下ろしを開始。スコップ1本と肉体のみicon37

掘り進むと見た目以上に雪が乗っている。高さスコップ1本以上。想像していたのより大変な作業になった。周囲の雪面が高いせいで、雪下ろしというより雪投げだった。

そして、3時間余り格闘したが1/4程度を残して作業終了。他にやることがあるのと、腕が上がらなくなってきたからicon10

で、今日再開し、1時間半くらいの作業で下ろし終えた。合計5時間近く。気づけば、鶏小屋の周りは雪山になっていたicon88

あまりの雪の量にどれくらいなのか興味が湧いたので調べてみると・・・

やや固く締まった雪で1立方メートルあたり150~250kgとのこと。

小屋は2間×3間で、積雪がスコップ1本分より多い。

これらをざっと計算すると、なんと5t前後の雪が乗っていたことになるface08

これをスコップ1本で下ろした(投げた)とは・・・face07

お陰で腕、肩、背中、腰は疲労感満載ですicon42




この記事へのコメント