この前は中頓別でワークショップ

先週から雪は落ち着きましたが、雪が溜まり過ぎたところがあるのでそれを排雪する毎日。
そんな中、倉庫の屋根が凹みました・・・face07
間に合わなかった、ということです。うーん・・・

-----

2/11、中頓別町というところで、ワークショップに参加して来ました!
題して、「開拓100年記念事業『中頓別町の未来を語り合うワークショップ』」。

もちろん、町民ではないので直接関係ないのですが、町のファンの1人として参加してきました。

この中頓別町・・・北海道宗谷地方の小さな町。地図で言えば稚内市の右下あたり。人口2千人くらいなのですが、なかなか面白い町なのです。なんと言っても、町作りのコンセプトが「一流の、田舎づくり」というほど(本当は「田舎」を「中頓別」と書いて「いなか」と読ませてます)。そう、田舎を売りにしているのです。

これだけでも面白そうですが、今でも砂金が採れたり、森林療法という森を使った健康づくりを実践(医師や保健師がサポート)していたり、移住者を積極的に受け入れていたり、自然学校を立ち上げるプロジェクトが進んでいたり、過疎化はしてますが(外から見た限りでは)元気のある町に見えるのです。 → 中頓別町ウェブサイト

そして、ワークショップ・・・

この町の未来を語り合おうと、地元住民の方々を中心に町内外から十数名が集まりました。

一日かけて、昔のことから今のこと、そして未来のことを話し合い、これからどんな町にして行こうか、住民目線で考える場となりました。

今回印象に残ったのは、町は実際には厳しい現状に置かれていますが、ここで生まれ育った方も、移住して来た方も、この町をなんとかしたい、今なんとかしなければならい、という熱意を持たれていた、ということです。

少し羨ましく感じましたし、ますますファンになってしまいました。face02

ちなみに、中頓別町は現在100年記念誌を作っていて、今回のワークショップはその題材のひとつにもなっているようです。こちらも楽しみです!icon12




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント