この前は小樽で研修会

しばらく暖かい日が続いて、急速に雪解けが進んでるな・・・と思ったら、また寒くなってしまった。
今日は雪がチラつき、風まで強く、暖かさに慣れた体はスゴク寒く感じます。
真冬は-10℃以下でも大丈夫だったのに・・・face07

-----

10/12-13(2008年)、「乳幼児の自然遊び 指導者研修会」というものに参加してきました。
場所は、小樽市にある「おたる自然の村」。

ここ数年で、乳幼児を対象とする自然遊びが急速に注目されてきています。
「〇〇〇森のようちえん」なんて言葉も目に付くようになりました。

ちょっと前は、自然遊び(自然体験)と言えば小中学生が中心でしたが、徐々に低年齢化してきているようです。小学校低学年はもう珍しくなく、今は幼児や幼児を持つ親子、乳幼児対象の活動も増えてきているようです。

これも、なんでも早期教育化している今の日本の流れなのかもしれませんがface10、自然体験の低年齢化には賛成です!icon88 自然に親しむのが小さければ小さいほど、自然から得られるものが多いと思います。

で、研修会ですが、札幌を中心に30名近くが集まりました。1日目の分科会では、いろいろなテーマで室内研修。2日目は別テーマで野外研修。

私は、「保育現場にもっと森のようちえんを」という室内分科会と「水辺で行う森のようちえんを考える」という野外分科会に参加してきました。

室内分科会では、自然体験を実践している幼稚園からゲストを迎えての事例紹介や質疑応答など・・・参考になりました。

野外分科会では、海辺の活動をモデルにしてプログラム体験(ビーチコーミングしてクラフト作り)・・・純粋に楽しかったッス。


私もぜひとも、乳幼児の自然遊びを実践したいと思います!!
まずは自分の子どもからかなぁ~icon01





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年03月21日 12:05
そう。まずは自分の子供から。
と、おもったら!

「あ、それは汚いでちゅよ。」とか、
「走ったら、危ないでちゅよおお!」とか・・・なりそうだなあ・・。

テルさん、大丈夫かなあ・・(笑)

最初の子、僕は彼女の全ての行動にヒヤヒヤでした!(爆)
全てのことから守ってやりたい衝動にかられて・・。

今は馬のボロを蹴散らしながら牧場を走り回ってますが。(笑)
テルさん
2012年03月21日 12:05
次郎さん

来週から臨月に入ります。
今のところは、私は親バカにならない自信はあるんですがねぇ~

実際、産まれたらどうなんでしょう・・・楽しみです。