この前は厚真で秋の森遊び

日本最北の地は、日出が6時半を過ぎ、日の入りは16時を切りました。
昼間の時間がどんどん短くなって、なんだか淋しい・・・face11
犬の散歩はとうとう暗闇になりました。(ヘッドランプを装備して)

昨日と今日は終日プラス気温。
それなりに積もった雪は、おおかた消えてしまいました。
冬になりきれない中途半端な季節です。

----------

10/11、厚真のお米農家・本田農場が持つ森で、親子と一緒に秋の森遊びに行ってきました。

まずはナメコ採り。
この団体では、昨年春からナメコの菌打ちをしてまして、やっとその収穫になりましたface05
(春に菌打ちすると、約1年半後・・・翌年の秋になって出てくるのです)

森のナメコは、お店のナメコとはちょっと違う姿。大きくて、艶やかで、よりヌルヌルしている様な・・・
「うわ~」「ひえ~」とか言いながら、子どもも大人も喜んで(?)採ってました。

今年は、「ほた木」が若いのでまだ盛り盛り出ませんでしたが、参加した家族のみなさんのお腹をナメコ汁で満たすだけの量は収穫できました。

来年は今年菌打ちした分からも出るので、もっとたくさん収穫できるハズ。汁の他にもレパートリーを増やしておかないと・・・

そんな間も、子ども達の森遊びは自由に展開されています。
今回の一番人気は木登りだったかな・・・。

一人が登ると次々と登り始め、みんなが登ると今度は高く登ろうとして・・・icon10

最初はおそるおそる登っていた子も、慣れてきたり、友達と競い合うことで、どんどん速く、どんどん高く登っていきます。
そして、気がつけば、かなり高いところまで登っていました。

下で見ている大人達は内心ヒヤヒヤ・・・icon10

でも、そんな顔など見せず誉めてあげましたface02

この他にも、森の脇にある沼にはまりながら遊んだり、ヤマブドウを見つけてそれを採って食べたり、ブドウ蔓でブランコしたり・・・それぞれがやりたい遊びを見つけて遊んでいましたねicon88

最後は恒例、焚き火を囲んでのおやつ大会icon12

人気はやはり「マシュマロ焼き」icon06

拾ってきた棒の先にマシュマロを刺し、それを焚き火であぶって、トロトロにして食べるのです。
子どもはみんな大好き!icon12

ただ、うまくあぶるにはコツが・・・火に近づけすぎず、遠すぎず。

早く食べたいからと火に近づけすぎると、真っ黒に焦げて苦いマシュマロに。遠すぎると良い具合になる前に疲れてしまって固いまま食べてしまい、これも美味しくないface10

美味しくできたり、できなかったり、何度も食べて試しながら、ちょうど良い加減を体得する子ども達なのでした。

焚き火の熱さを我慢しながら、何度も何度もマシュマロをあぶり続ける根気というか、集中力というか・・・こうして養われたりするんですね!
美味しさの成せる力か!!

ちなみに、私はマシュマロは甘すぎて苦手・・・face06


今回のこと、詳しくは・・・「COCOROCO(ココロコ)」のページを!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント